接客業だからこそ気になる!靴の臭い対策の方法【まとめ】

どんな仕事をしていても、靴の臭いは気になるものですが、特に接客業となると、気を遣いますよね。

今日は、靴の臭い対策のまとめとしてお話しをしていきますので、接客業の皆さん、よくご覧くださいませ。

接客業だからこそ気になる!

接客業だからこそ気になるといったこと、いくつか思い浮かびますね。

接客業では、お客様に不快な思いをさせないよう、身だしなみや体臭に気を付けることは常識です。

かといって、過度なメイクや接客に似つかわしくないヘアスタイル、香水の付けすぎなどは論外です。

特に臭いというものは、その人の清潔感が表面に表れますので、

接客業であれば、体臭の中でも口臭や、足、靴の臭いに気を遣うことが最低限のエチケットでしょう。

靴の臭い対策の方法(まとめ)

今日は靴の臭い対策についてピックアップしてみました。

靴が臭うということは、靴に足の臭いが移ってしまっているということです。

ですから、臭い靴は菌が繁殖して、恐らくどうにもならないので、思い切って処分することも考えなくてはなりません。

そして基本中の基本は、足を丁寧に洗うことです。

特に足の爪と肌の間、指と指の間には雑菌が付きやすいので、そこを重点的に、消臭石鹸を使って洗えばより効果的です。

足をいくら綺麗に洗ったとしても、仕事で使った靴の中は足汗でムレて、どうしてもバクテリアなどの雑菌の温床になります。

菌を繁殖させないためには、一日履いた靴は2.3日陰干しして乾燥させることが大切です。

そのためにはやはり、靴は最低でも3足は必要です。3足あれば、充分ローテーションが出来ます。

えー?一度に3足も?と最初は経済的にも大変かもしれません。

でも同じ靴を毎日履いて、臭いが取れなくなって、結果、捨てることになるよりずっといいです。

足を清潔に保つことと、靴をローテーションすることだけで不安な人は、やはりデオドラント剤や中敷きを使うことをおススメいたします。

洗った足に足用のデオドラント剤を塗って、靴の抗菌消臭スプレーや中敷きを使うと効果はてきめんです!

靴には靴用の木製のシューキーパーを使って休ませると、靴そのものも長持ちしますよ。

ちまたには、防湿、殺菌、抗菌、消臭アイテムがたくさん売られています。あなたに合ったアイテムがきっと見つかるはずです。以下のサイトでは、足の臭いを消す制汗クリームやスプレーなどを紹介しています。

足の臭いを消す方法ラボ | 制汗クリームやグッズで対策OK!

まとめ

さあ、これであなたも長年の靴の臭いから解放される日も近いです。

足や靴の臭いを気にしながらの仕事では、良い接客は出来ません。

靴の臭いを払しょくして、今日から明るい接客を目指し、お仕事頑張ってくださいね!

足汗で蒸れてしまう!通気性のよい靴は何がオススメなの?

足の汗でどうしても靴の中が蒸れてしまうけど、通気性のよい靴は、何がおススメなのでしょうか。

 
足汗で蒸れてしまう!

これから迎える秋冬が、女性にとって素敵な季節になるか、そうでないかは、足の臭い、靴の臭いにかかっているといっても過言ではありません。

なぜなら、秋や冬はブーツなどの気密性の高い靴を履く機会が増えてきますし、靴の中の湿気も半端なく、臭いも容赦なく襲ってくるからです。

ブーツが蒸れる、臭うからと言って、けっして中途半端なファッションで妥協したくありませんよね!

足汗が蒸れないような工夫をして、思いっきりオシャレを楽しみましょう。


通気性のよい靴は何がオススメなの?

通気性がよい靴の代表としてはやはり、布製や本革製の素材の靴がいいでしょう。

布や本革だと、比較的蒸れにくく、通気性もあります。

逆に通気性が悪く、蒸れやすいのは合成皮革やゴム製の靴です。特に足の臭いが気になる人は、これらの素材の靴は極力避けましょう。

季節が春や夏であれば、メッシュ素材やサンダル風の靴で通気を確保できる場合もありますが、秋冬になると、保温性を重視した素材やデザインが多くなるので、そこが難しいところです。

確かに足の保温も大事ですが、靴の臭いを予防するには、通気性が一番です。

ですから、靴が通気できなければ、足汗が出ないように工夫したり、五本指ソックスなどを履いて、出来るだけ蒸れないようにします。

五本指ソックスと言っても、今は、可愛いデザインの靴下も沢山市販されていますし、抗菌防臭機能が備わったものもあります。


まとめ

靴の臭い対策に、通気性のよい靴を選ぶことは大変良いことです。

でも、靴を履く前に、肝心の足の汚れがきちんと落ちていなかったり、靴下が不潔なままでは、いくら通気性のよい靴を履いても臭います。

反対に、いくら通気性の悪い靴を履いていたとしても、日々、足をしっかりと清潔にし、靴下やストッキングにも気を遣っていれば、靴の臭いは最小限にくい止められます。

通気性のよいお値段の張る本革の靴ばかりでは、経済的にも無理があると思います。

ですから、お手頃の靴をたくさん買って、ローテーションしながら、フットケアをちゃんとやって、足りない部分は、消臭クリームやスプレー、靴を長持ちさせるグッズなどをフルに活用しましょう。

この冬、あなたの足に注目です!

本当にきれいな女性は、頭の上から足先、靴の中まで気を遣います。それがエチケットです。

子供の靴が異常に臭い!水虫などの病気なのかが心配なママへ

子供さんの靴が異常に臭くて、もしかしたら何か水虫などの病気にかかっているのではないかと、心配でたまらないママさん、なぜ子供さんの靴が臭いのか、原因を突き止めましょう。


子供の靴が異常に臭い!

子供の靴から、納豆を踏んずけたような、鼻が折れそうに強烈な臭いがして、卒倒しそうになっているママさん、いますよね?

子供は少しもじっとしていないくらいいつも元気に動き回っていますし、大人より体温も高くて汗も半端なくかいていると思います。

しかし、足や靴が臭い原因は、大人も子供もおんなじ原理です。

やはり足汗と、足から出た角質、汚れなどが、湿った靴の中でバクテリアなどの雑菌と混じり合って、腐敗臭を発してしまうのです。

しかも子供さんって、お気に入りの同じ靴ばかり履いたりしていませんか?

大人だけでなく、子供さんの靴も洗い替えやローテーションが必要なのです。

しかし、ひとたび登校すれば、また毎日同じ上靴を履くことになり、週末に持って帰ってくるまでには、相当凄い数の雑菌が繁殖していることになります。

いくら足を洗っても、自宅で色々と気を付けても足の臭い、靴の臭いが消えないわけです。


水虫などの病気なのかが心配なママへ

学校で同じ上靴を一週間も履き続けていたら、どんなに気を付けていても雑菌が消えないということは分かりました。

でも、あまりの刺激臭のために、うちの子、もしかしたら水虫があるんじゃないのかな? それとも何か他の病気かも?

と、不安を抱えているママさん、一緒に考えてみましょう。

え?子供が水虫になるの?とびっくりされている人もいるかもしれませんが、昔と比べて、生活様式が変化し、靴や靴下を履いている時間が長くなった現代、水虫にかかる子供が増えているのは事実です。

大変ショッキングな事ですが、子供さんが水虫かどうかを、チェックするポイントがあります。

足の裏の皮がむけていないかどうか、水疱のようなものは出来ていないかどうかをよく見てあげて、少しでもおかしい時は皮膚科を受診しましょう。

水虫じゃなくても、他の病気が考えられることもありますので、気になればやはり一度診てもらった方が賢明です。

水虫は、白癬菌という高温多湿の状態を好む菌が原因で起こります。

しかし白癬菌は、感染力がそこまで強い菌ではなく、また、体に付着しても24時間以内に石けんで洗って清潔にしていれば、増殖を防ぐことができます。

ですから、足をきれいに保ち、靴下、靴を数足準備してあげて、一日履いたら必ず乾燥させ、同じ靴を続けて履かないように指導しましょう。

休ませた靴は、天日に干すなどして、そうすることで、簡単に白癬菌は予防できると思います。


まとめ

子供さんも水虫にかかる可能性は大きいことが分かりました。

特にお父さんなど、家族の中に水虫がいる場合は、必ず治療して、家中にばらまかないよう、他の家族に感染させないよう注意しましょう。

靴が臭い理由!足汗と靴下とでは何が臭いを発する原因なのか?

どうして靴が臭いのか、足汗?、靴下? 臭いの元はどこ?

足汗と靴下とでは臭いを発する原因が違うのでしょうか?


靴が臭い理由!

靴の強烈なあの臭いは、汗と雑菌の両方があって初めて成立します。

ですから足汗だけでは臭わないのです。

足汗と皮脂が、雑菌の栄養となってしまうので、靴の中という湿気を帯びた場所が、雑菌繁殖の温床になるのは仕方がないとも言えます。

通気性の良いサンダル履きなどですんでいた夏に比べると、秋冬は気密性の高いブーツなどを履く機会がとても多くなります。

汗をかきやすい夏より、秋冬の靴の中は毎日熱帯雨林状態で、足は蒸れて湿気が溜まり放題、悪臭をため込んでしまいます。


足汗と靴下とでは、何が臭いを発する原因なの?

そもそも靴下というものは、足汗と靴の間のクッションの役割があり、体から出た汗や皮脂、角質を吸収してくれるものです。

ですから靴が臭いのには、そんな雑菌を吸収した靴下が一番の原因とも考えられます。

靴下が吸収するのは、足汗をかくことで剥がれ落ちた角質で、そこに雑菌が繁殖しています。

足が臭い、靴が臭い時には、すでに靴下には雑菌がウヨウヨしていますので、小まめに取り替え、しっかりと洗うことが大切です。

取り換えが難しい場合は、抗菌、防臭効果の高い靴下や、速乾性の高い靴下等もも販売されていますので、活用してみるといいでしょう。

しかし、いくら抗菌防臭の消臭効果の高い靴下でも、もともとの足の汚れがきちんと落とせてない状態だと、同じ結果になります。

足の汗そのものが臭うわけではないと分かりましたが、その汗が雑菌のエサの元になることは理解できましたね。

ですから、どちらか片方だけでなく、足の汗も臭いの原因であるし、それを吸収して閉じ込めてしまう靴下も臭いの原因です。


まとめ

こう考えると、足汗を吸収する靴下は、臭って当然という見方ができますが、出来れば臭って欲しくないものです。

足のケアをすることは言うまでもなく、靴と靴下の両方に使える消臭スプレーなどもありますので、ぜひ使ってみましょう。

これからまたブーツなどを履く機会が増えてきます。一日でも早く靴が臭くなるのを予防策を講じておきましょう。

きちんと対策ができていれば、靴をいつどこで脱いだり履いたりしても、慌てることはありませんし、自信も持てますね。

靴を大事に履きたい!靴を長持ちさせる洗い方とかあるの?

日頃の生活に絶対に欠かすことのできない靴ですが、大事に履くために、靴を長持ちさせるにはどのようにすればいいのでしょうか。


靴を大事に履きたい!

靴を大事に履くためには、購入後の保護やお手入れが大切です。

そのお手入れも、それぞれの靴の素材や種類にあわせた方法があります。

例えば革靴を購入したとします。革靴は、良いものになると、靴底も革が使われているものが多いものです。

その場合は、購入後に靴底にラバーソールを張っておくと劣化を予防できます。

底は歩いていても目立ちませんし、劣化を防ぐだけでなく、滑り止めの効果も期待できますので、長持ちしますよ。

また、新品の靴には防水スプレーを施しておくといいでしょう。特にスエードやムートンなどは必須です。

気を付けることは、靴の素材に合った防水スプレーを使ってくださいね。

そして、靴を履いていて、一番劣化するのが、かかと、ヒールです。

すり減ってきたなと感じたら、すぐに交換しましょう。購入先か、靴のリペアコーナーで修理できます。

また、靴の劣化防止や防臭のためには、やはり靴の数は多い方がたくさんローテーション出来ます。

一日履いた靴は最低でも2,3日は休ませましょう。陰干ししてしっかり乾燥させることが長持ちさせるコツです。

シューキーパーを使うと、湿気や型崩れも防ぐことが出来ます。


靴を長持ちさせる洗い方とかあるの?

では、靴を長持ちさせる洗い方とかもあるのでしょうか?

洗える素材の靴と言えば、スニーカーの種類が挙げられますね。

スニーカーには、布製やスエード、ナイロンなど種類がたくさんあります。洗う場合もその素材に合った洗い方をしなければなりません。

ナイロンやキャンバス地であれば、水洗いOKです。
まず水をつけたブラシで汚れを落としていき、洗剤を使う場合は靴専用の洗剤を、もしくは中性洗剤を使います。

洗剤が少しでも残っていると、黄ばみなどの原因になりますので、気を付けましょう。

洗い終わったら、新聞紙や布を丸めて中に入れ、形を整えて風通しのよい場所で陰干ししましょう。

合成皮革のものは、水を含むと劣化が早まるので、柔らかい布をぬるま湯に浸し、よく絞ってから表面を水拭きした方がいいでしょう。汚れが落ちない場合は、靴専用のクリーナーを使いましょう。

天然皮革のものは、専用のブラシやクリームがありますので、水は使いません。

自信がない時は、靴専門のクリーニングに出した方がよい場合もあります。


まとめ

どんな素材の靴でも、直射日光の当たる場所での保管や、ドライヤー、乾燥機などの使用は絶対に避けましょう。

色落ちや変形、劣化を防いで、いつまでもお気に入りの靴を大切に履きましょう。